“ 幼少期にこそ本物の英語に触れる事が大切 ”
     だと私達は考えます。
– PV International School

英語はいつから始めればいいの?

英語教育を行う目的は子供の発達段階により異なります。子供は音に対して敏感で、早い時期に英語を始めることは良いことだと考えられています。あまり早期に英語教育を施すと子供が混乱するということも言われていますが、幼少期の子供は通じる言葉が言語でありそれが日本語や英語と言う認識はありません、自分の周辺にいる人と意思疎通ができる言語が言葉と言う事になります。以下に周辺環境が大切かをお分かりいただけるのではないかと思います。日本人の家庭でバイリンガルに育てようとする場合にはやはり環境が求められます。
 
・生後半年〜:まずは聞き取れる音を増やすインプットの時期
 もちろんこの時期は言葉を話すことはできませんが、耳がいろいろな音を聞き分けたり理解したりするようになります。この頃から英語の音に慣らしておくと、英語を聞き分けられる耳を鍛えることができますし、音をインプットしておくと将来の発音も良くなります。また、CDなどの音声だけでは子供が反応を示さないこともあるので、「活きた」生の英語を聴くことをおすすめします。
 
・2歳〜:英語を好きになり興味を持つ時期
 簡単なあいさつや単語を繰り返し話すことによってその言葉を覚えます。子供は夢中になって同じ言葉(例えばHello!など)を連発するので、保護者も一緒になって楽しみましょう。また、この時期に英語を教えようとするとやる気を損ねる恐れがあるので、あくまでも遊びのなかで楽しく英語にふれさせます。
 
・5歳〜:英語でどんどん会話するアウトプットの時期
 この頃になると話している内容にも興味が出てくるので、思っていることをどんどん話してみたくなります。アルファベットを使って遊んだり絵本を読んだりして子供の興味に合わせてやり方を変えてみるといいかもしれません。
 
 重要なのは、やはり続けることです。将来的に英語を定着させるためには、小さい頃に習得した英語を持続させることが必要です。英語を身につける上で「活きた」英語にふれることは大切なことです。しかし、英語で会話をする環境が終了すると、元の日本語の生活に戻ります。

  

 保護者のスタンスとしては、期待しすぎないことが大切です。一方で、子供がやる気を出したときの集中力には目を見張るものがあり、特に言葉の習得力は高いです。やる気を出したときには褒めてあげ、やる気を失ったときには今日はタイミングが悪いのだろうと割り切って、やる気の出るタイミングを待ちましょう。子供を信じて、保護者はやる気を育てる環境作りをすることが大切です。

images002.jpg

当児童福祉施設は千葉県より認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書の交付を受けている保育施設です。